新潟県にある
弥彦神社
は今年、御遷座百年になるんだそうです。

新潟県最大のパワースポットとも言われているこの弥彦神社のお土産といえば、
「玉兎」だそうです。

参道のお土産屋さんには、いろんな「玉兎」が並んでいて、とても人気があるそうです。



霊峰弥彦山には沢山のウサギが棲んでいたが、
神聖な土地であり参詣以外で人間はあまり足を踏み入れることはなかった。
江戸時代、里に下りてきたウサギは神領の農民達の田畑を荒らすことがあり、
彌彦大神様は、ウサギたちを集めて人間の田畑を荒らすことのないようにとお諭しになった。
以後は田畑が荒れることもなくなり、
大神様のお諭しを聞くウサギが丸く控えた姿を米の粉で形作って大神様に献上した所、
大神様はこの菓子を喜んでお召し上がりになられ、「良幸餅(うさちもち)」と名付けられたと云う。

「玉兎の神話伝説」Wikipedeiaから


弥彦神社付近の菓子屋で文政年間から作られている、耳を寝かせたウサギの形を模した半円形の菓子

糸屋菓子店「めお兎(と)」
DSC_2231


DSC_2230

『和三盆製・玉兎めお兎』12袋入り

DSC_2233
こんなに可愛らしい夫婦の兎さん
『あん入り元祖玉兎』もあるそうですが、和三盆糖で作られたこちらの菓子の方が私は好き。

甘過ぎず、お上品なお味です。
日本茶にも合いますが、珈琲とでも美味しく頂けました。

1447951442144

お土産に絶対、喜ばれそうです