冥王星へ連れてって

涙のふるさとをみつけたい ずーっと探しながら彷徨ってます。

冥王星へ連れてって イメージ画像

懐石、和食、割烹

つい先日、海鮮丼を食べたばかりなのに、今日もまた海鮮丼 海幸(うみこ)すし そごう神戸店 そごうの地下食料品売り場に用事があって行きました。 ちょうど新館の奥に、イートインもできる寿司店があったので、入ることに。 いつもは混んでいるのかもしれませんが、私が
『デパ地下で寿司ランチ@海幸(うみこ)すし そごう神戸店』の画像

魚盛 阪急西宮ガーデンズ店 阪急西宮ガーデンズ4Fレストランフロアにある海鮮専門の居酒屋 海鮮丼が食べたくなったら、こちらのお店に来ます。 今日も海鮮丼が食べたい気分だったので、いざ入店。 すると 近大生まれ、愛媛育ちの生本まぐろ『媛まぐろ』が入荷しました
『近大生まれ愛媛育ちの生まぐろ『媛まぐろ』が食べられる!@魚盛(阪急西宮ガーデンズ)』の画像

万平(まんぺい) 神戸三宮で「うなぎ」を食べに行くなら(私は)、 関東風に蒸し焼きした、丸高(ミント神戸)か、 関西風のうな重やひつまぶしが美味しい、青葉 三宮店 でも、「うなぎ」じゃなくても、そこそこお財布に優しいお値段で食べられる美味しい和食の店が
『リーズナブルな、うなぎ丼ランチ@万平(神戸・三宮センター街)』の画像

魚々市 お寿司と旬の魚介がいただける「隠れ家的な寿司居酒屋」。 昨年10月にお邪魔して以来、約半年ぶりの来訪でした。 寿司職人の板前の御主人が一人で料理されていますが、 カウンターの向こうからいつも気配りしてくださって、 美味しいお料理だけでなく、居心地のい
『隠れ家的寿司居酒屋で関サバの塩焼き🐟@魚々市』の画像

丸高(まるたか) 神戸・三宮のミント神戸B1Fのグルメフロア「M-KITCHEN」にある鰻専門店。 2006年10月にオープンしたミント神戸ですが、 1995年に起きた阪神・淡路大震災で全壊した旧神戸新聞会館の跡地に再建された 神戸新聞社所有のビルディングで、 正式名称は神戸新
『うなぎ専門店 丸高で鰻丼ランチ@ミント神戸(神戸三宮)』の画像

さんのみや 三ッ輪 神戸三宮にある日本料理のお店です。 場所は、神戸市中央区三宮町2丁目5-7。 向かい側の2丁目6-9にマザームーンカフェ 三宮本店があって、 こちらのカフェでランチしている時に、向かいのお店の和食店に入っていくお客さんが多いので、 きっと美味しい
『日本料理 【さんのみや三ッ輪】で牛鍋定食ランチ@神戸三宮』の画像

11月1日は「寿司の日」です。 皆さん、ご存知でしたか?? お酢などの調味料を製造販売しているミツカンは、 寿司の日を前に全国郷土寿司人気ランキングを発表しました。 1位は、東京の「江戸前にぎり寿司」。 2位が北海道の「蝦夷前寿司」でした。  「江戸前」はネ
『全国郷土寿司人気ランキング1位:東京「江戸前にぎり寿司」を昼のおまかせコースでいただく@鮨 銀座 鰤門(しもん)』の画像

神戸でうなぎを食べるイメージってあまりないと思います(私もなかった)。 でも、神戸三宮にも長年暖簾を守り続けて来た老舗のうなぎ店が何軒かあります。 しかし神戸でも、腹開きして蒸した後、蒲焼にする江戸焼のうなぎが多い中、 腹開きで蒸さずに焼く関西風のうなぎを
『関西風だけど、焼き上がりふっくらな「うな重」を神戸三宮で@青葉 三宮店』の画像

魚々市 お寿司と旬の魚介がいただける「隠れ家的な寿司居酒屋」。 つい先日お邪魔したばかりでしたが、今夜も行って来ました。 今日も飽きもせず、旬の秋刀魚のお刺身と、しまあじのお刺身、生マグロのお刺身をいただきました。 そして今日は、私の大好きな穴子の押し
『隠れ家的寿司居酒屋で大好きな穴子の押し寿司@魚々市』の画像

魚々市 お寿司と旬の魚介がいただける割烹料理のお店。 でも、肩の凝らない温かい雰囲気「隠れ家的な寿司居酒屋」です。 新鮮な魚介・海鮮料理が、温かい雰囲気のお店でゆっくりといただけるお店って、 意外と探してもなかなかないものです。 阪急宝塚線の池田駅前のサンシ
『お寿司と旬の魚介がいただける隠れ家的寿司居酒屋@魚々市』の画像

夏の京都の風物詩と言えば、納涼床。 一般的には京都鴨川では「ゆか」。 貴船、高雄では「かわどこ」と読むそうです。 また、大阪(北浜)では「川床」と書いて「かわゆか」と読むのが一般的だそうです。 毎年5月1日から9月30日まで設営され、 鴨川の右岸の二条大橋から五
『夏の京の風物詩「鴨川納涼床」で京会席@烹祥庵(先斗町)』の画像

日本料理 浮橋 (ホテルグランヴィア大阪) 関東から大阪に来ていた友人と急きょ大阪でランチすることになり、 「和食が食べたい」と言う友人のリクエストに応えて、こちらの和食の店を予約しました。 JR大阪駅直結のホテルグランヴィア大阪には、 和食やフレンチ、バーな
『友人とランチ~大阪駅直結のホテル グランヴィア大阪@日本料理 浮橋』の画像

岡崎神社へ初詣に行った帰りに、先斗町で夕食をとることにしました。 1月2日の18時前。 人通りはまあまあ多かったけれど、混んでいるというほどでもなく、 さっさとお店を決めて入れば、空席はありそうでした。 せっかく京都に来たことだし、かなり寒かったので、 「鴨鍋
『京都・先斗町の割烹料理店 井ふみ で鴨すき鍋🍲』の画像

シーサイドホテル舞子ビラ神戸 に泊まった翌朝の朝食は、 和食を選びました。 (昨夜のディナーは明石蛸のフレンチだったので) 「日本料理・寿司」有栖川 本館1階にあるので、窓際のテーブルからは、ホテルの庭園や 遠くには明石海峡大橋も見えました。 天気があまり
『明石・舞子プチ旅行④朝食は和定食@有栖川(ありすがわ)』の画像

みやもと 本店 土曜日の夕方。 お店を決めずに三宮駅前界隈で、夕食をとる店を探していました。 何軒か、行き当たりばったりで暖簾をくぐってみましたが、どこもいっぱいでした。 どんどん寒くなってきたので、温かい和食が食べたくなり、 次に暖簾をくぐったお店がこち
『美味しい海鮮料理に鯛めしで〆@割烹 みやもと本店(三宮)』の画像

ほてるISAGO神戸 新神戸駅からほど近い布引温泉にある料亭旅館です。 前々から一度来たいと思ってて、ようやく実現できました。 新神戸駅から徒歩5分という好立地でしたが、 私たちはJR三ノ宮駅からタクシーでホテルに向かいました。 1メーターで到着するほど近くだった
『神戸・布引温泉@ほてるISAGO神戸で神戸牛ステーキの会席料理を』の画像

祇園南側は、歴史的景観が保全されるように色んな規制を設けられて、 暖簾に格子といった古い町並みも景観が残るようになっています。 趣のある花見小路の通りに一歩足を踏み入れると、今では外国人ツアーの行列になっています。 それもまあ、日本の美しい古き良き町並みを
『京都祇園でシンプルで美しい京料理を@味ふくしま』の画像

「水炊き」 今では、家庭でもいろんな鍋物を作るみたいですが、 私が子どもの頃は、家でお鍋をすると言ったら、「すき焼き」か「水炊き」 の二者択一しかなかったような気がします。 すき焼きは、子どもながらに「ご馳走」っていう気がしていました。 水炊きは、すき焼き
『「これぞ博多の水炊き!」@博多味処 水たき いろは  宗右衛門町店』の画像

日本料理・串揚げ「なにわ橘」大阪新阪急ホテル 昨年の11月以来二度目の再訪です。 前回は、「串揚げセット【 梅 】 <串10本>」(¥3800)のディナーコースをいただきました。 可動式のパテーションで仕切られた個室でしたが、落ち着いてゆっくり食事ができたので、 今回
『夏会席「手毬膳」@新阪急ホテル・なにわ橘』の画像

大阪府池田市。 阪急宝塚線の池田駅前のサンシティ池田という商業施設の地下一階にある 寿司・割烹・小料理屋さん 魚々市。 母と何度かお邪魔しているお気に入りのお店です。 初めて入るお店にお邪魔するときってとても緊張しますが、 優しい雰囲気の板前の御主人と奥様
『美味しい和食とお寿司で一杯🍶@魚々市(池田)』の画像

ビール、 ワイン と来たら、次は・・・ 「日本酒??」ってことになり、 和食の店を探して、グランフロントの中を歩きました。 そして見つけたのが 大坂おでん 久 グランフロント大阪店 こちらも先程のパン デ メレ (Pan de mere)と同じ7階のフロアにあります。
『二人女子会の〆はおでんと冷酒で@大坂おでん 久』の画像

お盆休みに合わせて、家族でお墓参りに行って来ました。 そして毎年、お墓参りの帰りには家族そろって食事会をします。 ここ数年は、いつも決まった個室居酒屋に行っていましたが、 少し飽きてきたので、今年は別の店にしてみることにしました。 で、決めたのがこちら
『「今ちゃんの実は・・・」で放映された牛肉どて鍋@池田 銀なべ』の画像

毎年5月のこの時期に、 同じ5月誕生日の友人と二人でお祝いを兼ねて食事会をすることになっています 去年は、祇園 Abbessesでフレンチを食べました 今年はどこ行こう?なに食べよう?と相談したところ、 「和食がいいな」と言う友人のリクエストに応えて、和食のお店を
『京都の老舗料亭の点心ランチ@彩席ちもと』の画像

↑このページのトップヘ