阪急神戸・三宮駅西口から徒歩約3分。
北長狭通の角っこにあるステーキ屋さん、
テキの店 ボン・ジョルノ


「テキの店」って?
と、意味が分からないという方もいるでしょう。
「テキ」とは、「ビフテキ」のことを言いますが、
「ビフテキ」も、「ビーフステーキ」の略語です。
でも、「ビーフステーキ」は、「ビーフ(牛)」のステーキ」と思われがちですが、実は違うようです。
bifteck(ビフテック)」という「ステーキ」を意味するフランス語が語源という説が有力なんだそうです。


ビフテキのレストランが神戸に多いのは、
神戸牛や三田牛、但馬牛など、肉の聖地と言われ、
中でも神戸牛は、日本三大和牛の一つなので、高いブランド力を持ちます。
なので、兵庫県内、とくに神戸には肉にうるさい人が多いかもしれません。

そんな神戸市内には、それはそれはたくさんのステーキレストランがひしめき合っています。
高級ステーキ店から、比較的リーズナブルなお店まで数たくさんあるうちの、
こちらもボン・ジョルノさんは、リーズナブルなお店に入ります。

070424

ランチで、ステーキセットをいただきましたが、本当に安くてビックリ。
お昼にステーキを食べられるなんて、しあわせ