1月7日は「七草粥を食べる日」。

七草粥とは、正月七日に無病息災を祈って、
春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)を入れて炊いた粥。

正月に疲れた胃袋を整えるために食べると言われています。


子どもの頃から、母が土鍋で炊いてくれて食べていました。
たいてい次の日が学校の始業式だったので、よく覚えています。

しかし、今はあまりそういった風習はなくなっているみたいですね。
というか、七草粥の由来も知らない人もたくさんいて、ビックリしました。
お正月にお節料理やご馳走を食べること自体が少ないからでしょうか。



七草粥とは別に、いつも残ってしまうお節料理の煮物を使って、母が良く作るのが『ばら寿司』。
筍、椎茸、人参、牛蒡、蓮根などの煮物を細かく刻んで、酢飯に入れたもの。
それを食べることが最近では多くなっていました。


で、今回は、ばら寿司とも違う初めてのメニューにチャレンジ

残った煮物を使うのはばら寿司と同じだけど、
それらと一緒に、鯛を入れて炊きこんだ『鯛飯』。


今回は炊飯器で炊きました♪

魚の臭みを消すために生姜を刻んで入れることだけ忘れずに。

w63ca090107-1



炊き上がったところ

w63ca090107-2



美味しそうに出来上がりました

w63ca090107-4



w63ca090107-3



ただ、
これを食べた後くらいから、熱っぽくなってきて・・・
熱計ったら37℃3分

微熱だったのでインフルエンザではないと思うのですが・・・


多分、初詣やバーゲンセールなど人混みに行ったこと、
その後、美容院で髪をカットしたこと。
が要因・・・?

皆さんも気を付けてくださいね☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
明日から寒波がやってくるみたいだし・・・。