DSC_4065


菊池寿人率いるThe Symphony Hall Big Band のザ・シンフォニーホールでの公演でしたが、
過去、9回開催されており、
今回は10回目の開催ということでした。

第10回目だからなのか、
ゲストがこの方だからなのか、今回は

「スペシャルゲスト 押尾コータロー」
「Vol.10 記念特別公演」
と、ありました。

ジャズバンドの演奏会は何度か聴きに行ったことがありますが、
特別ジャズミュージックが好きというわけではありませんでした。
もちろん、The Symphony Hall Big Band も菊池寿人さんの名前も知りませんでした。

でも、ザ・シンフォニーホールのシンフォニア会員になっているので、
ザ・シンフォニーホールでの公演情報がいち早く届くことで、今回の公演を知り、
ゲストが押尾さん💗だったので早速チケットを入手!!

DSC_4063 (2)

座席選択ができましたが、
なんと、B列(前から2列目)が空いていたので、急いでゲットしました。

しかも真ん中の2列目だったので、かなり良席でした。

ラッキーヾ(≧▽≦*)o



公演前半は、The Symphony Hall Big Bandの演奏。
誰もが知っている有名な曲が聴けました。

◆シング・シング・シング
◆くるみ割り人形から「花のワルツ」
◆スペイン
◆A列車で行こう etc.


そして、スペシャルゲストの押尾コータローさんが登場し、
Big Bandとのコラボや、押尾さんのソロギター演奏もたっぷりと聴けました🎵

◆Together!!!(押尾コータロー作曲)
◆蜃気楼(押尾コータロー作曲)
◆戦場のメリークリスマス etc.


とにかく、押尾さんの生ギター演奏が目の前すぐ傍で聴けた、見れたことが最高でしたo((>ω< ))o

カッコいいし、スタイルもいいし、声もいい。
そしてギターもすごい素敵で・・・。

ただただ、うっとりしてしまいました💗



普段、クラシックの演奏会が行われるホールなだけに、
こういったジャズオーケストラとアコースティックギターのコラボレーション
が行われるのは稀なことで、
菊池さんも押尾さんもお二人声をそろえて「このホールで演奏できることが嬉しい」
とおっしゃっていました。


演奏会が終わるクライマックスでは、会場のお客さんも一体となって、
スタンディングオベーションで、演奏会が締めくくられました。


たまたま私のお隣に座られていた年配の女性の方も、とっても楽しそうに演奏を聴いておられて、
演奏会が終わってから「楽しかったですね!」「またどこかでお会いできたらいいですね」と
声をかけてくださいました。


本当に楽しかった~(*^▽^*)

DSC_4064