紅葉の時季の箕面は、ハイキングの人でいっぱい(*_*)


わかってはいたけれど、箕面の方まで行く用事があり、お昼前に箕面駅に到着。

ちょうどランチタイムだったので、駅前近辺で適当にお店を探しました。


一つ候補があったのでそのお店に行ってみると、ちょうど定休日でした㊡

なので、また一からお店探し。


ぶらぶら歩いていくと、「サンクスみのお」というショッピングビルがありました。

ここは昔から喫茶店や雑貨店などがあったので、そのビルの1番館に行ってみました。

そして、こちらのお店にたどり着きました。

翠蓮(スイレン)


お店の外観は少し古めかしい感じで、一見「何屋さん??」って思ってしまいます。

メニューの看板を見て初めて「中華料理屋さん」ってわかりました。


外から中のお店の雰囲気を見ることはできなかったので、

入ろうか入るまいか迷っていましたが、またお店を探すのも面倒だったのでここに決めちゃいました。

そんな適当な理由で入店しちゃって、すみません(^-^;


でも入ってみると、外から見た雰囲気とイメージは違っていました。


思っていたよりも店内は広くて綺麗でした。

四角いテーブル席が4つ、円卓が4つほどありました。


接客されていたのは、お店の女将さんらしき方で、片言の日本語でした。

お店のメニューや写真を拝見してわかったことですが、台湾ご出身の御夫婦が経営されているみたいです。

なので、中華料理というよりも、台湾料理。



ランチメニューは、一品料理がいくつか選ぶ中華弁当などがありましたが、

私たちは、 
「湯葉豆乳ラーメン(税抜き¥1100)」と「桜海老入り炒飯(税抜き¥1200)」
を注文して、二人でシェアしました。

写真は撮りませんでしたが、どちらも美味しかった♪


湯葉豆乳ラーメンは、湯葉がたっぷり入っていて、豆乳のスープがまた美味でした。

台湾料理って、中華料理よりもこってりしていなくて上品なお味だというイメージがありましたが、
まさにそうでした。

桜海老入り炒飯も、桜海老がたっぷり入っていて、上品でいて、香ばしい香りと味が感じられました。



私たちが入った時は先客が3組いましたが、私たちの後からも次々とお客さんが入ってきました。

ほとんどが年配の御夫婦やご友人など。



駅チカだけれど、ここは少し穴場な場所かも。

静かにゆっくりと食事ができて良かったです💮