BUMP OF CHICKEN、直井由文の活動休止発表 不倫報道受け 当面は3人で活動


ロックバンド・BUMP OF CHICKENのベース・直井由文(40)が
不倫報道を受け活動を休止することが25日、バンドの公式サイトで発表された。
当面は藤原基央(Vo./Gt.)、増川弘明(Gt.)、升秀夫(Dr.)3人で活動していくとしている。


BUMP公式サイトでは
藤原、 増川、升3人からのメッセージとしてコメントを発表。

「これまで支えてくださったリスナーの皆様と関係各所の皆様」とし、
「この度、我々BUMP OF CHICKENのベーシスト直井由文にまつわる報道につきまして、
多大なるご心配、ご迷惑をおかけし、お騒がせしてしまった皆様に対して、大変申し訳なく思います」
と謝罪した。


 続けて「直井本人は現在、遅まきながら自分のしてしまった事と真摯に向き合い、
家族と、相手の女性、それから傷付けてしまった沢山の方々に対して、
深い反省を日々繰り返しています」
と伝えた。


 また、「報道にありましたような行動を彼がしてしまっていた当時、我々メンバーから、
彼の日常の言動について厳しく注意した事もあり、
その時のそういった叱責を彼は素直に聞き入れてくれてはいたのですが、
結局のところ、我々は直井のプライベートのほとんどを把握できておらず、
また、本質的な解決に至らなかったという事だと思います。
その結果として、このような事態に及んでしまった事を、大変悔しく残念に思います」と心境を語り、
「この事が、ここまで応援してきてくださった方々の信頼を大きく裏切り、
失望させる結果になってしまった事を、直井一人ではなく、バンド四人全員で重く受け止めております」
と記した。


 その上で「我々メンバーとスタッフからは、直井へ活動休止を提示し、
これを彼は、誤りに対して償い、自身の生き方を見つめ直し、
日々助けてくださっていた人達の大切さを改めて学び更生するための機会として自ら捉え、
受け入れました」
と発表。


 バンドの今後については
「何度も話し合い、BUMP OF CHICKENとしての一切の活動を止めるべきなのではないか
というところにまで及びましたが、応援してくださっている方々に対して、
我々が担っていくべき責任は、今我々に出来る活動の全てを全力で続けていく事なのではないか、
という考えから、
当面の間、BUMP OF CHICKENは直井を除いたメンバー三人で活動していく、という結論に至りました」
と方針を伝えている。


 最後は「我々の音楽を大切にしてきてくださったリスナーの皆様の存在に、
今も変わらず、強く支えて頂いております。
これからの音楽制作に対し、より一層精進して取り組んで参りたいと思いますので、
何卒宜しくお願い申し上げます」
とファンに向け呼びかけた。


 直井をめぐっては『文春オンライン』が18日、
直井が結婚していたことを隠して過去に一般女性と不倫していたことを報道。

記事では、所属事務所幹部が同編集部を訪れ、直井は現在も妻子がおり、
他にも不倫関係にあった女性がいたことなどを認めたという。
同日、直井は自身のツイッターで
「この度報道されました私の記事に関しまして、当時親しくさせて頂いていた女性に対して誠実な対応が出来ていなかった事を心よりお詫び申し上げます」と謝罪している。




BUMPファンの一人としての感想[1]
で、この件は終わったと思っていたら、まさかの事態、結果に・・・。

活動休止はもちろん、チャマの活動休止に発展するとも想像していなかったなぁ・・・。


正直、関係ないのになぁーって思う。

被害に遭った女性はBUMPファンではなかったと聞く。
チャマが結婚していたことを隠して交際していたのは悪いことだけれど、
恋愛関係にあった期間は、お互いに楽しく過ごしたんでしょう?

それなら、こんな仕打ちしないで、チャマ本人だけに謝罪してもらったら済むこと。

BUMPというアーティスト、音楽、メンバーにまで罪を被せる必要はないと思う。


・・・なんだかな~~って感じで、
少し気持ちが萎えている私・・・。


BUMPファンの一人としての感想です。
あくまで。